fluct magazine アドテク・マーケティング界の情報マガジン

モバイル表示高速化の必要性 by DoubleClick Publisher Blog

2016.09.14 449view

昨日公開をした「ページスピード」に関するセミナレポートはご覧にいただけましたか?

セミナーレポートでは語らなかったモバイルのページスピードなぜあげる必要があるのかがDoubleClick Publisher Blogに書かれていますので、是非セミナーレポートと一緒にご覧ください。

 

The need for mobile speed.

今回は、モバイルページの表示速度がユーザーエンゲージメントとパブリッシャーの収益に及ぼす影響について、当社が行った最新調査からのインサイトをご紹介します。ユーザーのモバイルエクスペリエンスへの期待が高まるにつれ、単にモバイルデバイスにページを読み込み、表示させるだけではもはや十分ではありません。それだけではなく、モバイルサイトを高速化・最適化させる必要があります。

当社が10,000以上のモバイルサイトのドメインを対象に調査を行い、分析したところ、残念ながらモバイルサイトの大半が、3G環境下におけるモバイルサイトの平均読み込み時間である19(※1)という基準を満たしていないことが分かりました。19秒というのは、あの『ABCの歌』をAからZまでフルで歌うのとほぼ同じ長さ。そのくらい時間がかかっているということです(※2)

ページの表示速度が遅いサイトは、ユーザーにストレスを与え、パブリッシャーにも悪影響を及ぼします。広告収益に影響を与える要因はいくつかありますが、読み込み時間が5秒以内であるモバイルサイトのパブリッシャーは、読み込み時間が19秒以内のパブリッシャーに比べ、最大2倍ともなる広告収入を獲得できるという当社の予測データがあります。(※3)

さらに、表示速度が5秒以内の場合、広告のビューアビリティは19秒以内のサイトに対して25%高まり(※4)、平均セッション時間は70%長くなる(※5)という調査結果も出ています。

このことから、当社はパブリッシャーを成功へと導くため、モバイルファーストのソリューション提供に注力してきました。具体的には、公開からもうすぐ一年になる『AMPプロジェクト』への参加、拡張性の高いネイティブ広告によるソリューション提供の開始、レイテンシーの最小化を図り、パブリッシャーの収益増加へと繋がるプロダクトへの投資などです。

モバイル表示速度の高速化は、かつてないほどその重要性を増しています。

3、2、1…そして、離脱へ

表示速度の遅さは、大きなデメリットをもたらします。

 

  1. サイト訪問者の53%は、ページ表示に3秒以上かかる場合に離脱する恐れがある。(※6)
  2. 2人に1は、2秒以下でページが表示されることを期待している。(※7)
  3. モバイルデバイスでのウェブサイト閲覧時に、最も嫌うのがページ表示までの待ち時間であると回答したユーザーは46%である。(※8)

 

これは、みなさんもご自身の経験から十分お分かりかと思います。スマホで情報検索をしていて、ページ表示までに数秒以上も時間がかかる。このような場合、あなたは果たしてどのくらい待つことができるでしょうか?

モバイルサイトの表示速度を低下させる3つの主な原因は、ファイルサイズ、サーバーへのリクエスト数(サーバーへの通信回数)、ページ上に複数存在している要素の読み込み順と関係があります。今回の調査では、次のことが分かりました。

 

  1. モバイルサイトにおけるコンテンツの平均サイズは1.49 MB。3G環境下で同サイズを読み込むには7秒かかる。(※9)
  2. モバイルページのリクエスト数は平均214回。全リクエスト数のうち約半数は、広告関連である。(※10)

 

サイトの表示速度を上げるために

ページの表示速度に関する問題を診断し、修正・改善を行うために活用できるツールは多数あります。ここでは、モバイルサイトの表示速度を高速化するための3つのステップをご紹介します。

ステップ1:測定

PageSpeed Insights』『Mobile-Friendly Test』『Web Page Test』のような診断ツールを使い、現状のサイトパフォーマンスをチェックし、測定する。

ステップ2:実行

容量の大きいコンテンツを削除、サーバーへのリクエスト数を減らす、データとアナリティクスタグの統合といった修正を試みる。また、要素の順番を変更し、まずはファーストビューで表示すべき最小限の要素を選択し、表示させる。スタイリング、javascriptのロジック、タップ・スクロール・スワイプといったアクション後に表示される画像は、後で読み込みするように設定すればよい。

ステップ3:確認

変更を行った後は、パフォーマンスをチェックする。A/Bテストを行い、サイトのセットアップを定期的に調査する。そして、レイテンシーを発生させる要因を見つけ、取り除いていく。

 

上記のステップ以外には、『Accelerated Mobile Pages (AMP)』や『Progressive Web Apps』といったオープンソースプロジェクトなども活用していくといいでしょう。

今回の調査及びモバイルサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させるための方法に関する詳細情報は、「The Need for Mobile Speed」(g.co/MobileSpeed)をご覧ください。

 

投稿者:Alex Shellhammer 、Juliette Neel


【注釈】

1  Webpagetest.org:高速3G回線を使用し、世界の118,000のモバイルサイトドメインを読み込んだサンプルデータ。キャッシュ化されたものではなくファーストビューのみ。(2016年2月)

2 参考情報:サイト『NPR』掲載記事 「Keep Flu At Bay With A Song(歌でウイルスを予防する)」(2009年4月)

3 Googleデータ:ベンチマークデータの共有向けモバイルサイトを『Google Analytics』『DoubleClick AdExchange』にて匿名化・収集したサンプルデータ。(n=4.5K2015年6月〜2016年5月)

4 『DoubleClick for Publishers(DFP)』:70%計測可能な広告ビューアビリティを持つ107,000のモバイルサイトのドメインに対して行った『Google Active View』による広告ビューアビリティの調査。(Global、2016年2月)

5 Googleデータ:ベンチマークデータの共有向けモバイルサイトを『Google Analytics』にて匿名化・収集したサンプルデータ。(n=3.5K2016年3月)

6 Googleデータ:ベンチマークデータの共有向けモバイルサイトを『Google Analytics』にて匿名化・収集したサンプルデータ。(n=3.5K2016年3月)

7 Akamai Technologies:2014年ウェブパフォーマンスに関する消費者動向調査

8 参考情報:『Google Webmaster Central Blog(ウェブマスター向け公式ブログ)』掲載記事「#MobileMadness: a campaign to help you go mobile-friendly(#MobileMadness:サイトをモバイルフレンドリーにするためのキャンペーン)」(2015年4月)

9 Webpagetest.org:高速3G回線を使用し、世界の118,000のモバイルサイトドメインを読み込んだサンプルデータ。キャッシュ化されたものではなくファーストビューのみ。(2016年2月)

10 Webpagetest.org:高速3G回線を使用し、世界の118,000のモバイルサイトドメインを読み込んだサンプルデータ。キャッシュ化されたものではなくファーストビューのみ。(2016年2月)


本記事は、「The need for mobile speed.」を翻訳したものです。本記事の内容や見解はGoogle社のものであり、当社のものではございませんのでご了承ください。

This article is translated from “DoubleClick Publisher Blog“. The original copyright is held by Google.
The original article: The need for mobile speed.

 

ライターの紹介

fluct magazine 編集部

fluct magazine 編集部

国内最大級のSSP「fluct」の運用で培った業界知識やノウハウを記事にして発信してまいります。

このライターの記事

オフィシャルアカウント