fluct magazine アドテク・マーケティング界の情報マガジン

プログラマティック広告の世界的カンファレンス「Programmatic i/o in NY」参加レポート(前編)

2016.11.24
Photo by programmatic.io

2016年10月末にニューヨークで開催されたプログラマティック広告のカンファレンス「Programmatic i/o」。今回fluctから執行役員の今井が参加してきたので、イベントの内容をレポートしたいと思います!

本記事はイベントレポートの前編です。後編はこちらからご覧いただけます。

Programmatic i/oとは

Programmatic i/oとは、年に2回、サンフランシスコとニューヨークで開催されるプログラマティック広告をテーマとしたカンファレンスで、主催はデジタルマーケティングに関する情報を発信するAdExchangerです。

今回の「Programmatic i/o NY」は、2016年10月26日と27日の2日間にわたってタイムズスクエアから徒歩2分の場所に立地するニューヨーク・マリオット・マーキスというホテルで開催されました。2日間の来場者は1,100名以上、登壇者は50名以上で、世界中のプログラマティック広告に関心を持つエージェンシーやメディア、広告主、ベンダーが集まりました。

なお、今回から、1日目は【Programmatic Essential Workshop】【Programmatic Ops Talk】について2つの会場に分かれるプログラムになっており、OpsTalkの方に参加しました。

Programmatic i/oセッション一覧

以下は、セッションの一覧(タイトルのみ)です。話される議題が多岐にわたることと、この2日間がいかに濃密な時間だったのか、がお分かり頂けるのではないかと思います。

一日目(Essential Workshop)

  • Activating First Party Data At Scale
  • Programmatic Outstream
  • Networking Break
  • Digital Marketing Hub: The Great Promise of Data, Tech and Advertising?
  • How To Activate Your Audiences Across Channels And Devices Using Authoritative Data
  • Lunch
  • Becoming Programmatically Enabled: Driving Necessary Organizational Changes
  • The Data Balancing Act: Does Precision Targeting Truly Tip the ROI Scale?
  • Networking Break
  • Why PMP Has Meant Private Marketplace Pain For Too Many Today
  • Programmatic Media: So What! Now What?

一日目(Ops Talk)

  • Header Bidding Live, A Step-by-Step Demo
  • How To Manage Tech Debt: When To Cut Your Losses And Where To Cut Corners
  • Networking Break
  • Inventory Quality
  • How To Make The Most Of Server-Side Ad Insertion
  • Lunch
  • Effective Learning: How To Cultivate Talent In Programmatic Buying
  • Driving Programmatic Results By Managing Internet Performance To The Millisecond With Dyn And Cox Media
  • Networking Break
  • User Exposure Targeting: Reaching, Engaging And Converting More Effectively
  • Native Ads Best Practices For Mobile

二日目

  • Welcome
  • Making The Programmatic Case
  • Reading The Investor Tea Leaves
  • Paying The Price For Not Valuing Attention
  • Walled Programmatic
  • Networking Break
  • The CPG In View
  • Finding The Effective Programmatic Partner
  • Partnering On The Addressable Future
  • Advancing Linear TV
  • Lunch
  • Exploring Solutions To The Fraud Phenomenon
  • Software Is Making Advertising Simpler
  • Googling Programmatic
  • A Programmatic Partnership: 360i and Pernod Ricard
  • Networking Break
  • The Seller’s New Calculus
  • Programmatic TV: Real Or Hype?
  • The Power Of First-Party Data
  • A Conversation With The New IBM
  • Happy Hour

 

ピックアップキーワード

実際に参加してみて、いくつか目立っていたキーワードごとに、簡単に話されていたこと、感じたこと、日本との違いをまとめてみます。

Inventory Quality(在庫の質)

 今回、どのセッションでも話題に上がっていたのがこの「在庫の質」の問題です。アメリカの広告主・代理店・メディアは、日本以上にAdFraud(アドフラウド)やViewability(ビューアビリティ)を重要視しており、いかに信頼性高く「ビューアブル」な広告枠を通じて「人間」に広告を配信するかを議論していました。定義として、CPMにHumanとViewableを加えた「CPHVM」という概念も出る程でした。

 

「The Ad Industry’s Focus on Fraud Has Intensified」内のeMarketerの調査結果より転載

Header Bidding(ヘッダービディング)

様々なセッションの中でも最新手法として挙げられたワードがHeader Bidding(ヘッダービディング)です。ヘッダービディングが登場した背景にはGoogle社が提供するDFP(DoubleClick for Publishers)のシェアが拡大し、他ベンダーが広告を配信する機会が得られないという事情や、現在主流となっているRTB取引がウォーターフォール型で行われているといった事情があります。ヘッダービディングではDFPよりも先にRTBの取引が複数のDSPで同時に行われるため、広告主はメディアの全広告枠在庫にターゲットとなるユーザーが訪れたらブランドメッセージを届けることが可能になります。またメディア側は、DSPから来る入札をフラットにオークションすることができるため、煩雑な運用作業が減り、かつ適正価格を判断することが簡単になります。このようなことからヘッダービディングを使ってしっかりとターゲットのユーザーを買い付けることの重要性が語られました。

AppNexus社Ben氏のProgrammatic i/o ny資料5ページ目

AppNexus社Ben氏のProgrammatic i/o ny資料より

対して登壇者として参加したGoogleの担当者は「世の中のヘッダービディングの流れにGoogleはどう感じているか?」という質問に対し、「ヘッダービディングでは広告主サイドのレイテンシー問題が発生するので、Googleは同じ課題に対してExchange Bidding(エクスチェンジビディング)を強化することで、ユーザー体験を損ねないものにする」と語っていました。


後編は「Audience Targeting(オーディエンスターゲティング)」・「Video/TV Ads(動画広告、テレビ広告)」・「Latency(レイテンシー)」に関する内容をお伝えします!

ライターの紹介

今井 悠介

今井 悠介

2013年4月に株式会社VOYAGE GROUPの100%子会社である株式会社adingo(現:株式会社fluct)に入社。SSP「fluct」を用いたメディア向け収益化コンサルティング営業を経て、2014年4月より外部事業社との提携を進めるアライアンスチームで、SSP「fluct」の提携する重要パートナーのDSP/アドネットワークを担当。現在は、同社のSSP事業開発を推進するべく、2016年04月より執行役員就任。好きな食べ物は天下一品。

このライターの記事

おすすめの記事

おすすめのコンテンツ

オフィシャルアカウント