fluct magazine アドテク・マーケティング界の情報マガジン

ルビコン、オープンソースのS2Sヘッダー入札・・・ほか|2017年10月21日~10月27日 パブリッシャー向けピックアップニュース

pickupnewsPhoto by flickr.com

今週のニュースの中から、パブリッシャーの方に有益だと判断したニュースを編集部でピックアップし、要点をまとめました。スキマ時間にチェックしてみてください!

Rubicon poject、オープンソースのS2Sヘッダー入札ソリューションを発表

  • ルビコンプロジェクトは、Prebid.orgプロジェクトの一環として、オープンソースのサーバートゥサーバーヘッダー入札ソリューションを発表した
  • ルビコンのサーバー側ソリューションは、出版社の既存のクライアント側ヘッダー入札ソリューションとPrebid.jsを統合しており、 これにより、クライアントからサーバー側のソリューションへの段階的かつ段階的な移行が可能になるという
  • さらに、PMP機能と取引の優先順位付けをサポートしているため、ヘッダー入札を使用して広告インプレッションを収益化する前に、PMP取引の優先順位付けを行うことも可能とのこと

ニュースソースを見る

Supershipの広告プロダクトにおいて「ads.txt」に対応

  • Supershipは自社の広告プロダクトにおける「ads.txt」の対応について発表した
  • 「ScaleOut DSP」では、「ads.txt」に応じた広告入札への対応、「Ad Generation」では、パブリッシャー向けの管理画面にて「ads.txt」 に記述すべき内容をコピーアンドペーストで簡単に取得できるサポート機能の提供を開始
  • また、「Ad Generation」が発行したパブリッシャーアカウントIDを含めた情報をRTBのビッドリクエストで送ることで、「ads.txt」に応じた入札を行うDSPへの対応が可能になった

ニュースソースを見る

IAS、「メディアクオリティレポート」 2017年上半期の調査結果を発表

  • インテグラル・アド・サイエンス(IAS)は2017年上半期の「メディアクオリティレポート」の調査結果を発表
  • 調査によると、日本の不正インプレッション率は8.4%で調査対象国11ヶ国中6位、ブランドリスクのある広告インプレッションは6.7%で7位、MRCの定義を採用したビューアビリティについては54.8%で4位という結果に
  • 同レポートは年2回実施されている調査で、今回から日本が加わっている

ニュースソースを見る

アイモバイル、株式会社TAGGYの株式取得

  • 株式会社アイモバイルは株式会社TAGGYの普通株式を過半数取得、平成29年11月1日付(予定)で子会社化する
  • TAGGYは、独自開発した基盤テクノロジーと、それを駆使したサービス開発力を強みとするデジタルマーケティング企業
  • 今後は様々なコンバージョンパフォーマンス改善のためのソリューションを共同で提供していく

ニュースソースを見る

アドアジアホールディングス、メディア向け「AdAsia Digital Platform for Publisher」を刷新

  • アドアジアホールティングスは、メディア向けソリューションである「AdAsia Digital Platform for Publisher」を刷新
  • AIを活用したメディアの広告収益最大化機能を搭載すると同時に、先日子会社化したフォーエムが提供している「FourMCloud」と統合した
  • フォーエムより提供が開始されている

ニュースソースを見る

ライターの紹介

fluct magazine 編集部

fluct magazine 編集部

日本No.1 SSP「fluct」の運用で培った業界知識やノウハウを記事にして発信してまいります。 株式会社fluctサービスサイトはこちらから

このライターの記事

おすすめの記事

オフィシャルアカウント