fluct magazine アドテク・マーケティング界の情報マガジン

Rubicon Project、ファーストプライスオークションも可能に…ほか|2017年12月9日~12月15日 パブリッシャー向けピックアップニュース

Photo by flickr.com

先週のニュースの中から、パブリッシャーの方に有益だと判断したニュースを編集部でピックアップし、要点をまとめました。スキマ時間にチェックしてみてください!

Rubicon Project、ファーストプライスオークションも可能に

  • Rubicon Projectは、2018年1月より、エクスチェンジ上のすべての入札取引においてファーストプライスベースのオークションも可能になることを発表
  • 落札者は、セラーのヘッダーにおける最終オークションにファーストプライス入札を行うか、EMR(Estimate Market Rate)という無料オプション機能を利用するかを選択できる
  • 全てのウォーターフォール取引については、セカンドプライスオークションを引き続き使用する予定とのこと

ニュースソースを見る

プラットフォーム・ワン、メディア運営社向けに「Ad Verification Reporting Service」の提供を開始

  • 株式会社プラットフォーム・ワンは、メディア運営社に対して「Ad Verification Reporting Service」の提供を開始した
  • バイヤーから媒体社の広告枠、広告在庫が Ad Verificationの視点でどう評価されるかを示したレポートを提供する
  • 計測ツールを提供するベンダー5 社と連携し、各種項目のレポーティング、分析、改善提案を行うとしている

ニュースソースを見る

読売新聞、コンテンツマーケティング事業に参入 「YOMIURI BRAND STUDIO」設立

  • 読売新聞は、企業のコンテンツマーケティングを支援するため、新たに「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立し、2018年1月からサービスを開始する
  • 新聞広告の制作のほか、動画を含めたデジタル広告の制作、広告主のオウンドメディア制作など、企業や自治体向けに幅広くサービスを提供していく
  • 今後は、プロジェクションマッピングやAR、VRなどを活用した体験型コンテンツを開発し、イベントプロデュース分野のサービスも充実させていく狙い

ニュースソースを見る

電通と日本マイクロソフト、日本初「人工知能型OOH広告」の提供を開始

  • 株式会社電通と日本マイクロソフト株式会社は、OOH広告では国内初となる「リアルタイムオーディエンス分析・効果測定」と「視線検知によるインタラクティブ機能の実装」を実現した人工知能型 OOH広告ソリューションの提供を開始した
  • これまで取得できなかったオーディエンスデータの可視化や、オーディエンスがOOH広告のどこを見ているのかに応じたコンテンツの出し分けを、AIを使うことで可能にしている
  • 2018年6月末までに国内5社のOOH広告での採用を目指すとしている

ニュースソースを見る

楽天、携帯キャリア事業に新規参入

  • 楽天は、12月14日の取締役会において、携帯キャリアへの新規事業参入を決定した
  • 総務省から申請が受理された場合、楽天は移動体通信事業(MNO市場)を新たに開始することになる
  • 「楽天市場」の取扱高を6割超を占めているモバイル端末経由が増加傾向にあることを受け、今後のサービス拡充および新規展開を考える上でモバイル端末はユーザーとの重要なタッチポイントであるととし、今回の取り組みに至ったとのこと

ニュースソースを見る

ライターの紹介

fluct magazine 編集部

fluct magazine 編集部

日本No.1 SSP「fluct」の運用で培った業界知識やノウハウを記事にして発信してまいります。 株式会社fluctサービスサイトはこちらから

このライターの記事

おすすめの記事

おすすめのコンテンツ

オフィシャルアカウント