DATA STRAPで広告運用の面倒な作業をゼロに

最大4倍!カジュアルゲームアプリ課金に繋がる動画リワード導線〜ウェビナーレポート②

アプリソリューション本部コンサルタントの八木です!
2020年11月25日に『カジュアルゲームディベロッパー必見!国内トップ2社が語る課金&広告マネタイズとローカライズの全て』@Zoomウェビナーを開催いたしました。

このウェビナーでは『なめこ栽培キット』などのなめこシリーズを運営されている株式会社ビーワークス 中島様と、 『ハコハコ商店街』『‎魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」』など人気ゲームを運営されている、 Cybergate Technology Limited 下山様にご登壇いただき、マネタイズ事例や、マーケティング事例についてお伺いしました。

今回は4回に渡りウェビナーレポートをお届けします!

  • 課金マネタイズ:「アプリ内課金を促進する6つの施策」
  • 広告マネタイズ:「最大4倍!課金に繋がる動画リワード導線」
  • ローカライズ:「海外配信における国別のとリテンション率と刺さるクリエイティブ傾向」
  • マーケティング施策:「ユーザー獲得、定着率向上のためのSNSマーケティング」

本記事では「広告マネタイズ編」として「最大4倍!課金に繋がる動画リワード導線」をお届け致します。今回はカジュアルゲームにおける広告の導線設計や課金を促進させる広告の利用法などを詳しくご紹介します!

ご登壇いただいたのは……

Cybergate Technology Limited
日本マーケティング担当
下山恵氏

Cybergate Technology Limitedは、『ハコハコ商店街』『‎「魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」」』など多数のカジュアルゲームを運営、日本だけでなく世界中に展開しています。

株式会社ビーワークス
ゲーム事業部 プロデュースグループ
マーケティングディレクター
中島柚宇氏

ビーワークスは、大人気老舗アプリ「なめこ栽培キット」を筆頭に多数のなめこシリーズアプリを運営されてます。今回は代表作の1つである「なめこの巣」をメインに様々な施策をお話いただきました。

Q1:広告導入箇所を教えて下さい

ビーワークス 中島様

『なめこの巣』では、
動画リワード広告
レクタングル広告
バナー広告
を実装しています。動画リワードは1日に複数回視聴可能で、「シアター」というコンテンツをタップすると、動画リワード広告が流れるようになっています。

また、動画広告の視聴後はルーレットが始まり、アイテムを報酬として付与するという導線になっています。バナーは画面下に常時設置、レクタングルは「まとめて回収」というという機能のフロー内に導入しています。

『なめこの巣』実装例:動画リワード枠
動画視聴後ルーレットが始まりランダムにアイテムを供給。

『なめこの巣』実装例:バナー枠

Cybergate 下山様

実装しているのは、

・動画リワード広告

・動画インタースティシャル広告

・バナー広告

・レクタングル広告

・ネイティブ広告

と、アプリで実装できる広告フォーマットは基本的に使用しています。

広告収益のほとんどを占めているのが動画リワード広告です。

リワードの報酬は様々ですが、たとえばゲームのプレイ速度を早める報酬です。

アプリ内の通貨を付与するパターンもあります。

通常1時間かかる作業を30分で完了できるようにする、時間を短縮して早く次のレベルに達することが出来るようになっています。

動画リワード広告の視聴トリガーは、必ず目立つ位置に実装するよう意識しています。

『勇者剣投げるしかねーか』の実装例:動画リワード枠(一部)

勇者剣投げるしかねーか』の実装例:バナー枠(※動画インタースティシャル、レクタングル枠も実装中)

『勇者剣投げるしかねーか』の実装例:バナー枠

Q2:動画リワード広告導入の背景と、その結果について教えて下さい

ビーワークス 中島様

『なめこの巣』では初期から動画リワード広告を導入していましたが、開発当初は懸念が3つありました。

1つ目は、「アプリのもつコンテンツがどのくらい消費されてしまうのか?」という点です。
たとえば、動画広告の報酬で獲得できるスペシャルチケットを使うと、アイテムの生産などを早送りすることができます。早送りすることでゲームが遊び尽くされ、早期離脱に繋がってしまうのではないか?ということです。

2つ目は、「課金の機会損失」です。課金で行うコンテンツをスペシャルチケットでもできるようになってしまうので、課金収益に影響があるのではないか?という点です。

3つ目は、『なめこ』のIPブランディングの観点から、「ゲームの世界観に影響を及ぼしてしまうのではないか?」という点です。

これらの対策として、動画リワード広告については特に導線を注意深く設計しています。
たとえば、中級者ユーザーでないと動画リワード広告が視聴ができないレベルがある程度上がるまで動画リワードの導線を表示しないようにする)などです。

その結果、これらの懸念にへの影響は比較的少ない状態で導入することができました

Cybergate 下山様

弊社も初期から導入しています。

初期というのは、2013~2014年くらいのアプリですね。積極的に動画リワード広告を視聴させることを狙いとしていたので、アプリ内コンテンツのリソース消費対応として、あらかじめ多くのコンテンツを用意しました。

また、課金の機会損失に関しては、アイテム数を増やすことで対応しました。

当時スマートフォンの通信量に関し不評になるのではないかという懸念はあったものの、特にユーザーからクレームがくることはなく、むしろ「動画リワード広告をもっと見たい」という問い合わせが増えるなどポジティブな意見が多かったです。

動画リワード広告を導入したことでユーザーの課金欲も刺激することができ、無課金ユーザーの課金転換にも繋がりました。

Q3:動画リワード広告導入で成功した施策をご紹介ください

ビーワークス 中島様

動画リワード広告の報酬として、『スペシャルチケット』というアイテムを付与する設計になっているのですが、ユーザーにはスペシャルチケット』の需要が低かったのか、他アプリに比べて動画リワード広告の視聴回数が少ないという課題がありました。

そこで需要を拡大するために、『スペシャルチケット』を使えるコンテンツをいくつか追加し、ユーザーの視聴回数を増やす施策を行いました。動画リワード広告の再生数が5倍、収益も4倍程UPしました。さらに、この『スペシャルチケット』が無い場合の受け皿としてなめたま(アプリ内通貨)でも早送りできるように実装したところ、課金収益の底上げにもなりました。

Cybergate 下山様

成功した施策というより日々考えていることなのですが、なるべく多くのアイテムを用意し、動画リワードを視聴するトリガーを多く設計することを意識しています。

たとえば、「ゴールド」と「ダイヤモンド」というゲーム内通貨のそれぞれに動画リワード広告を導入、それがある程度軌道に乗ってくると、どちらの再生数も安定してくるので、そのタイミングで新しい通貨や、視聴トリガーを追加しています。

Q4:なるべく視聴回数を増やすために行っている施策や工夫はありますか

ビーワークス 中島様

『なめこの巣』では主に3つの施策を行いました。

1つ目は、シンプルに視聴可能回数を増やすこと。

2つ目は、動画リワード広告視聴後に、「ルーレット機能」という遊びの要素を追加したことです。ただ動画リワード広告を見るだけでなく、ルーレットを回せるようになることで、よりユーザーに楽しんでもらえるのではないかと考え実装しました。

3つ目は、リワードでもらえる「スペシャルチケット」の用途を追加して、アイテムの需要を増やしたことです。(詳しくはQ3にて前述したものです)

これらの施策で広告収益が3倍程に向上しました

Cybergate 下山様

前回の質問の回答とも重複しますが、動画視聴をするためのトリガーを増やすことを行っております。

たとえば、課金のリストメニューや、クエストクリア時に導線を設置するようにしております。あとは、動画リワード広告視聴後、次の視聴までの時間制限は設けているのですが、なるべく多く広告に触れてもらうために視聴回数上限などは設定しないようにしています。大体10分程で、視聴可能になります。

Q5:広告マネタイズの運用体制と、管理方法について教えてください

ビーワークス 中島様

週1~2回程、広告枠ごとにCPMとimpの推移を見て当月の収益予測を立てています。通常とは違う数値が出ていたら、接続しているアドネットワーク各社に相談してメディエーションを調整します。

外資メディエーションツールを使用しつつ、fluct はネットワークの1つとして導入し、BId Lift fluct SSP を利用しております。

BId Liftとは fluct が提供しているメディエーションツールのパフォーマンス向上アダプターです。
下記4つのメリットがあります。

  1. 従来のウォーターフォールにリアルタイムオークションを取り入れられる
  2. メディエーションツールのパフォーマンス向上が可能
  3. コード1行でSDK追加
  4. 1SDKで国内最大級のデマンド数のRTB配信を実現

詳しくはこちらの記事で取り上げています。ご興味ある方はこちらをご覧ください。

メディエーションツールのパフォーマンス向上に『Bid Lift』が有効な2つの理由、最短1分の導入方法とは?

Cybergate 下山様

毎日アドネットワークの実績を確認しながらウォーターフォールの調整を行っています。数値に変化があった場合にはアドネットワークに連絡し、状況の確認を行います。

また、外資メディエーションツールを使いながら、複数のアドネットワークを使い、その中の1つとしてfluctも導入しています。

ありがとうございます!
次回はローカライズのセクションのウェビナーレポートをリリースいたします。お楽しみに!

この記事を書いた人

八木 孝樹

2019年VOYAGE GROUPに新卒入社後、配属先のfluctにてアプリチームのゲーム領域を担当。趣味でもたくさんのゲームアプリを試して日々研究しております。動画リワード広告について少しでもご興味があればこちらまで→
koki_yagi@voyagegroup.com