DATA STRAPで広告運用の面倒な作業をゼロに

OTT

OTT/Over The Top

オーティーティー/オーバーザトップ

OTTとはOver The Top(オーバーザトップ)の略で、インターネット回線を通じて、メッセージや音声、動画コンテンツなどを提供するサービスや事業者のことです。多くの場合インターネットサービスプロバイダや通信事業者以外の事業者を指します。動画配信サービスのYouTubeやHulu、Netflix、メッセージングサービスのSkypeやLINE、ソーシャルメディアのTwitterやFacebookなどがそれらにあたります。
こうしたサービス事業者が展開するOTTの普及に対し、従来その役割を担っていた通信事業者は、それらサービスのパケットを消費者に流すだけの存在となりつつあります。これを「通信事業者の土管化」と言います。