DATA STRAPで広告運用の面倒な作業をゼロに

メディエーションツール内の収益向上アダプタ『Bid Lift』/SDKエンジニアによる導入・設定解説編(AdMob)

メディエーションツール内の収益向上アダプタ『Bid Lift』/SDKエンジニアによる導入・設定解説編(AdMob)

アプリソリューション本部コンサルタントのはなしーこと花島です!
fluctではAdMob/MoPubを利用しているアプリ運営事業者のみなさんへメディエーションのパフォーマンス向上が期待できるアダプター「Bid Lift」をリリースいたしました。
今回は「Bid Lift」のAdMobでの実装と設定方法について解説します!

「Bid Lift」のポイント

・従来のウォーターフォールにリアルタイムオークションを取り入れられる

・AdMob・Mopubのパフォーマンス向上が可能

・コード1行でSDK追加

・1SDKで国内最大級のデマンド数のRTB配信を実現
詳しくはこちらの記事をご覧ください!

AdMob(iOS)の場合

※さらに詳しくはFluctSDKのドキュメントをご覧ください!

インタビュー担当 株式会社 fluct アプリソリューション本部 花島瑞希
花島

AdMobへの導入編です!ここから先はすでにAdMobが実装されていることが前提です。お済みでない場合、AdMobのドキュメント(iOS/Android)をご参照いただきSDKの導入と実装を行ってください!

小菅

iOSの場合は、CocoaPodsをお使いの場合はプロジェクトで以下のように入力してください。

そうすると必要な「FluctSDK」と「アダプタ」がプロジェクトに展開されます!必要な対応はこれだけです!

CocoaPodsを利用して導入する(推奨)

プロジェクトのPodfileを開き、アプリのターゲットに次の行を追加します
$ pod 'GoogleMobileAdsMediationFluct'

コマンドラインから次のコマンドを実行します
$ pod install --repo-update

さらに詳しくはSDKドキュメントをご確認ください。

小菅

手動の場合は必要なフレームワークとアダプタをダウンロードしてドラッグ&ドロップしてください!

AdMob(Android)の場合

  • 本記事では2020年7月14日現在の最新バージョンを利用しています。実際に利用する場合は最新のバージョンを確認してご利用ください
  • さらに詳しくはFluctSDKのドキュメントをご覧ください!
小菅

Androidの場合、リポジトリ、依存関係、パーミッションを追加してください!

するとFluctSDKとアダプタが展開されます!

リポジトリを追加します

FluctSDKのMavenリポジトリURLと、Google Maven Repositoryを追加してください。

repositories {
    google()
    maven { url 'https://voyagegroup.github.io/FluctSDK-Android/m2/repository' }
}
依存関係を追加を追加します

アプリにFluctSDKとGoogle Play Servicesを追加してください。

dependencies {
    implementation 'jp.fluct:FluctSDK:8.2.0'
    implementation 'jp.fluct.mediation.gma:gma-mediation:8.2.0'

    implementation 'jp.fluct.fluctsdk:fullscreen-ads:8.2.0'
}
パーミッションを追加します

AndroidManifest.xmlに下記パーミッションを追加してください。

<manifest ...>
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/>
    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>
</manifest>

アプリがAPI19未満をサポートする場合、上記に加え下記を記述してください。

<uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE" android:maxSdkVersion="18"/>

Bid Lift設定-AdMob編

※さらに詳しくはFluctSDKのドキュメント(iOS / Android)をご覧ください!

インタビュー担当 株式会社 fluct アプリソリューション本部 花島瑞希
花島

こすさん!これでもう配信できるのでしょうか?

小菅

もう少しです!iOS、AndroidともにAdMob内の設定が必要です。以下のようにカスタムイベントを設定してください。なお、この対応は「 Bid Lift 」の実装の前後どちらでも大丈夫です!

花島がAdMob内のメディエーショングループ>広告のソースにカスタムイベントを設定してみます。

インタビュー担当 株式会社 fluct アプリソリューション本部 花島瑞希
花島

まずは iOS で Starter用カスタムイベントの設定をします。

次の値を入力します。

・ラベル
・eCPM($)

・Class Name

・Parameter

※入力する値についてはfluct担当者からご案内しますのでご連絡ください

iOS_Starterの設定
インタビュー担当 株式会社 fluct アプリソリューション本部 花島瑞希
花島

続いてOptimizer用カスタムイベントの設定をします。

次の値を入力します。

・ラベル
・eCPM($)

・Class Name

・Parameter

※入力する値についてはfluct担当者からご案内しますのでご連絡ください

iOS_Optimaizerの設定
インタビュー担当 株式会社 fluct アプリソリューション本部 花島瑞希
花島

Android で Starter用カスタムイベントの設定をします。

次の値を入力します。iOSとはClass Nameが異なりますのでご注意ください。

・ラベル
・eCPM($)

・Class Name

・Parameter

※入力する値についてはfluct担当者からご案内しますのでご連絡ください

Android_Starterの設定
インタビュー担当 株式会社 fluct アプリソリューション本部 花島瑞希
花島

Android で Optimizer用カスタムイベントの設定をします。

次の値を入力します。こちらもiOSとはClass Nameが異なりますのでご注意ください。

・ラベル
・eCPM($)

・Class Name

・Parameter

※入力する値についてはfluct担当者からご案内しますのでご連絡ください

Android_Optimaizerの設定
インタビュー担当 株式会社 fluct アプリソリューション本部 花島瑞希
花島

ドキュメントに詳しく書いてあるので迷わずできそうですね!

ご興味がございましたらお気軽にfluctまでお問い合わせください!

この記事を書いた人

花島 瑞希

花島 瑞希

fluctアプリソリューション本部コンサルタント。webメディアのリクルーティングチームで2年勤めアプリチームへ異動。webでもアプリでもマネタイズにお困りの際はお気軽にご相談ください!趣味は脱出ゲーム。お問い合わせはこちらまで → mizuki_hanashima@voyagegroup.com